flag_england

skitv-japan-jpRipCurl-Logo-Blackxtmlogoharros111actionlogo-111myokoimage#57415_Chalet Myoko_1skitv-japan-jpRipCurl-Logo-Blackxtmlogoharros111actionlogo-111myokoimage#57415_Chalet Myoko_1

SKI-TVジャパンへようこそ - このチャネルは、英語と日本語の両方で動作します。私たちは高品質のビデオで、雪のレポート、全国の天気予報などを世界各地のリゾートから提供しています。スキー TV ™ 日本の英語版はこのページの左上隅にある英語フラグをクリックしてください。妙高(新潟県妙高市)は長野県との境界にある都市で、越後平野の歴史ある山々のひとつであります。2012年2月1日の時点で、市は12286世帯と35835人の推定人口と平方キロメートルあたり80.43人の人口密度を持っています。総面積は445.52平方キロメートルです。妙高市は近年、近隣の3市町村が合併されてできました。中心の都市は新井(新潟県新井市)でした。2005年4月1日に新井市、妙高高原町、および中頸城郡の一部が吸収合併され妙高市となり、名山「妙高山」がその由来です。妙高山は海抜2454メートル(8051フィート)の日本で最も有名「100名山」の1つです。妙高市は近隣の有名な5つの山々に囲まれています。斑尾、妙高、黒姫、戸隠そして飯綱をまとめて「北信濃の5つの山々「北信5岳(Hokushingogaku)」として知られています。妙高は長野県と新潟県の境にあり多くのスキー場で有名です。これらのなかでも赤倉は、世界で最も古いスキー場の一つで、1930年代に設立されました。また、古くから日本の皇室の山の別荘地でもあります。妙高赤倉、池の平温泉(日本で最も長いスキーランを誇っています)、妙高杉野原、関温泉、休暇村、妙高スキーパーク、APAリゾート妙高パインバレー、斑尾高原およびタングラムスキーサーカスの妙高/斑尾スキーエリアは、9つの主要な山岳リゾートです。 妙高高原も多くの有名な温泉があることで知られています。ニセコは妙高と並び有名なスキーリゾートですが、妙高はニセコより格段に多くのスキーリゾートがあり、例えばスキー場共通券を使えばニセコより沢山のスキー場を楽しめます。降雪量もニセコエリアの年平均降雪量2.5メートルに対し、妙高の年平均降雪量は17メートル以上もあります。また雪質は 世界最軽量で最も水分量のすくないパウダースノーです! また同じく新潟県には 「 湯沢 ・かぐら・苗場等」のスキーリゾートがあります。「湯沢」はノーベル文学賞で有名な作家川端康成が書いた小説「雪国」の地で、東京等大都市圏からの交通の利便性に優れています。また群馬県側の「水上」は群馬と新潟間の谷川岳山脈を通過する日本最長のトンネル(関越トンネル)の反対側にあります。新潟県や長野県北部のスキー場(白馬を除く)の多くは、高速道路や新幹線駅の近くにあり、ニセコ、八甲田、白馬のように有名ではありますが、交通の利便性は極めて悪いと言えます。たとえば「湯沢」はもっとも交通の利便性が高く、東京駅から上越新幹線に乗れば、僅か80分で越後湯沢駅に到着し、その後近隣のスキー場までは車で10分足らずですので、東京から出発して90分後にはゲレンデにいることになります。「湯沢は近年、ホテル、高層リゾートマンションが立ち並び、大きなリゾートタウンになっています。中心の「越後湯沢駅」近くには日本の古い町並み、宿泊施設(旅館)があり魅力的です。「湯沢」は散策には静かで、小さなレストランもたくさんあり、そこで食事をすることも日本の魅力を堪能する価値があります。湯沢町はと近隣の南魚沼市エリアの20以上のスキーリゾートへ行くためのベースとして機能します。近隣には、苗場、かぐら、田代、GALA湯沢、石打、舞子、神立、岩原ようなよく知られたスキーリゾートが数多くあります。新幹線が直接乗り込み、スキー場専用の駅がある「GALA 湯沢」 プラットを降りるとそこがゲレンデであり究極のスキー場です。また苗場は間違いなく最もよく知られている日本を代表するスキー場です。苗場は西武鉄道を基幹とし、数多くのスキーリゾートを所有するプリンスホテルグループ最初のスキー場です。ここではFISワールドカップや国際レベルのレース大会が開催されます。また「かぐら」は人気のバックカントリーで最高のパウダースノーやヘリスキーを楽しめるチャレンジングなスキーリゾート地です。